神奈川呼吸療法研究会は、RST JAPANに加盟し、日本全国各地域の研究会と連携しています。

当研究会へのメールによる問合せについて(お願い)

当研究会にメールでお問い合わせを頂く際には、必ず【件名】を入れて下さい。また差出人名はお名前が分かる様に設定してください。

ウイルス感染やそれによる個人情報流出を防止するため、スパムメール等を駆除しております。件名がないメールはスパムメールと見なして削除していますので、ご協力をお願いいたします。

 

第23回 神奈川呼吸療法カンファレンス

「変わりゆく在宅人工呼吸管理を考える」

 

開催日:平成30年3月17日(土)15:00〜18:15(受付時間14:30〜15:00)

場 所:横浜市立市民病院 がん検診センター4階講堂(横浜市保土ケ谷区岡沢町56番地)

参加費:1,000円(当日払い)

後 援:一般社団法人神奈川県臨床工学技士会(申請中)

 

※今回のカンファレンスは三学会呼吸療法認定士の取得および更新のための点数付与はありません。ご注意ください。

 

プログラム

15:00-15:05 開会の挨拶

       代表幹事:横浜旭中央総合病院 臨床工学科 藤本 正弘

 

15:05-15:35 講演:在宅人工呼吸器管理について~20184月より変わること~

       演者:横浜市立市民病院 臨床工学部 相嶋 一登

15:35-16:05 講演:人工呼吸器を自宅で使う基礎知識

       演者:横須賀共済病院 臨床工学科 利木 良太

16:10-16:40 講演:在宅人工呼吸管理の周辺機器

       演者:ファミリークリニック蒲田 看護部長 杉野 正先生

16:40-17:20 在宅で用いられる人工呼吸器メーカープレゼンテーション

       フクダライフテック株式会社

       フィリップスレスピロニクス合同会社

       帝人在宅医療株式会社

       チェスト株式会社

17:25-18:10 パネルディスカッション「在宅人工呼吸器導入から維持に関わる諸問題」 

       座長 横浜栄共済病院 臨床工学科 佐藤武志

○院内における在宅人工呼吸器導入 臨床工学技士の視点から

○訪問看護ステーションの役割 看護師の視点から

○機器トラブル対応 人工呼吸器メーカーの視点から

 

18:10-18:15 閉会の挨拶

 

ご参加のお申込は下の「カートに追加」をクリックして下さい。今回のお申込ではご自宅への配送物はありません。受講のご案内は電子メールでお送りいたします。

携帯電話のメール、フリーメールは当研究会からのメールが届かない恐れがありますので、必ずPCメールをご登録いただけますようお願いいたします。

第23回神奈川呼吸療法カンファレンス参加申込(2018年3月17日)

参加費は当日徴収いたします。

  • 在庫あり

「呼吸治療ガイドブック」を当会幹事が多く執筆しています。臨床工学技士が行う呼吸治療業務を網羅した1冊です。

呼吸治療業務の入門書としてご活用ください。

 

出版社のホームページから購入できます。 メジカルビュー社のサイトへ>>>

リンク

皆様へお願い

講習会、カンファレンスに関するお問い合わせは電子メールでお願いします。

返信先に携帯メールを指定する場合には、PCメールからの受信ができるように設定変更をしてください。

 

診療業務に支障を来すため、事務局(横浜市立市民病院)への電話によるお問い合わせはご遠慮ください。

 

お問い合わせは↓