神奈川呼吸療法研究会は、RST JAPANに加盟し、日本全国各地域の研究会と連携しています。

当研究会へのメールによる問合せについて(お願い)

当研究会にメールでお問い合わせを頂く際には、必ず【件名】を入れて下さい。また差出人名はお名前が分かる様に設定してください。

ウイルス感染やそれによる個人情報流出を防止するため、スパムメール等を駆除しております。件名がないメールはスパムメールと見なして削除していますので、ご協力をお願いいたします。

第26回神奈川呼吸療法カンファレンス開催決定!

日程:2019年6月8日(土)、6月9日(日)

場所:マホロバ・マインズ三浦 https://www.maholova-minds.com/index.php

 

今回のカンファレンスは2部形式とします。

まず6月8日(土)は「RST徹底討論!」として、呼吸療法サポートチーム(RST)の運営、効果等について討論します。夜はマホロバ・マインズ三浦に宿泊し、懇親会を行います。

 

6月9日(日)2日目は1日コースのセミナーを開催します。これについては3学会合同呼吸療法認定士のポイント25点の付与があります。

※宿泊は希望者のみとなります。

参加費やプログラムは確定しましたら改めてホームページ上で発表します。

是非ご参加をご検討ください。

終了しました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

第25回 神奈川呼吸療法カンファレンス

 ハンズオン!呼吸療法における患者アセスメント

 

第25回神奈川呼吸療法カンファレンスでは、血液ガス、画像診断、ハイフロー療法の原理、人工呼吸器トラブル対応を座学で学んだ後、実際の人工呼吸器や生体シミュレータを用いた患者アセスメントの実技を行います。呼吸数や呼吸パターン、バイタルサイン、人工呼吸器グラフィックなどから多角的に患者状態を評価します。

今回はシミュレーション主体のセミナーになるため少人数で実施します。

 

開催日:平成31年3月10日(日) 10:00〜16:00

場 所:横浜市立市民病院 がん検診センター講堂

募集人数:24名(日常的に人工呼吸器装着患者の治療、看護に携わっており、人工呼吸器の基礎的な内容を理解している方を対象としています)

参加費:10,000円(昼食代を含みます)

 

・3学会合同呼吸療法認定士講習受講・更新に必要な点数25点

・日本臨床工学技士会呼吸治療専門臨床工学技士認定単位3点

※すべてのプログラムに参加することにより付与されます。参加証明書の再発行は致しませんのでご注意下さい。

 

タイムテーブル(講演タイトル、時間は変更の可能性があります)

10:00~10:30 座学I 「アセスメントに用いる血液ガス解析」

      昭和大学豊洲江東病院臨床工学部 神崎俊治

10:30~11:00 座学II 「胸部レントゲン画像の見方」

      国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院集中治療部 磨田裕

11:05~11:35 座学III 「酸素療法」

      国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院臨床工学科 佐藤武志

11:35~12:05 座学IV 「人工呼吸器のトラブル対応」

      JA神奈川県厚生連相模原協同病院臨床工学室 佐藤健太郎

12:05~13:00 昼休憩(お弁当をご用意致します)

13:00~15:50 ハンズオンセミナー
ファシリテーター 横浜市立市民病院臨床工学部呼吸治療専門臨床工学技士 相嶋一登

ハンズオン1「人工呼吸器トラブルシューティング」(人体模擬シミュレータ使用)

ハンズオン2「人工呼吸器装着患者のアセスメント」(人体模擬シミュレータ使用)

ハンズオン3「ハイフローネーザルセラピーの実際」

ハンズオン4NPPVマスクフィットのテクニック」

 

15:50~16:00 アンケート記入・参加証明書配布

「呼吸治療ガイドブック」を当会幹事が多く執筆しています。臨床工学技士が行う呼吸治療業務を網羅した1冊です。

呼吸治療業務の入門書としてご活用ください。

 

出版社のホームページから購入できます。 メジカルビュー社のサイトへ>>>

リンク

皆様へお願い

講習会、カンファレンスに関するお問い合わせは電子メールでお願いします。

返信先に携帯メールを指定する場合には、PCメールからの受信ができるように設定変更をしてください。

 

診療業務に支障を来すため、事務局(横浜市立市民病院)への電話によるお問い合わせはご遠慮ください。

 

お問い合わせは↓